biiws2015bn

[お知らせ]

  • [ 2015/06/02 ] 開催場所(地図案内記載の建物番号)に誤記がありました.(36番)正しくは 35番です.
  • [ 2015/06/01 ] 諸費用額(参加費 500 円,懇親会費 2,000 円)が決まりました.
  • [ 2015/05/29 ] ポスターのプログラムを公開しました.
  • [ 2015/05/23 ] プログラムを公開しました.
  • [ 2015/05/01 ] 演題登録の期限について,ポスター発表に限り 5/8 まで延長いたしました.
  • Important Dates: 演題登録期限:4/30 延長しました!(ポスターのみ.5/8 迄)|参加申し込み期限:5/31
  • [ 2015/03/07 ]  HPと参加登録フォームを公開しました.

 バイオイメージ・インフォマティクスワークショップ2015 開催趣意

イメージング技術の発展に伴い,多種多様のバイオイメージが日々大量に得られています.これに対し,観察者バイアスや低スループットという肉眼観察の問題を避けるべく,画像情報解析に基づく自動定量化が試みられています.さらに,定量化結果をさらに解析し,高次知識の発見に繋げることも試みられ始めました.こうした試みは「バイオイメージ・インフォマティクス」と呼ばれ,全世界的に急速に発展しつつあります.国内でもその重要性は広く認識されはじめており,様々な分野や学会でこれに関連する研究者コミュニティが形成されはじめています.

バイオイメージ・インフォマティクスは決して容易な課題ではありません.例えば一般的な画像解析ツールでは手におえないケースも多く存在します.さらに,学際協働研究分野ゆえの問題もあります.すなわち,「どのような生物学的課題があり」「それらに対してどのような画像情報学技術が使えるのか」といった知識共有や,それら両方を理解した専門家の育成も,まだこれからといった状況です.

こうした動向を受け,2011年,国内のバイオイメージ・インフォマティクスに興味を持つ様々な分野の研究者が一堂に会する場として,「バイオイメージ・インフォマティクスワークショップ」が横浜にて開催されました.その後も,2012年は神戸,2014年は愛知県岡崎において,開催され,参加者も増加傾向にあります.また本ワークショップを機に開始されたコラボレーションも出てきました.

そして2015年,九州は福岡にて第4回目となる本ワークショップを開催します.ご参加に際し,画像情報学の専門家である必要はなく,また生物学の専門家である必要もありません.そしてもちろんバイオイメージ・インフォマティクスの専門家である必要もありません.この比較的新しい学際協働研究分野に興味を持つ方ならどなたでも参加が可能です.

ご発表に際しては,以下の通り幅広いトピックを設定しております.具体的な研究報告だけでなく,問題提起,共同(協働)研究先探しのようなご発表も可能です.

  • バイオイメージ・インフォマティクスに関する研究報告
  • 生物学者による「こういう画像解析の課題に取り組み始めた」という話題提供
  • 画像情報学者による「「バイオイメージ解析に使えそうな技術」の提案や紹介
  • 企業における技術開発動向の紹介

これまでの開催と同様,多様な分野の研究者にご参加いただき,当該分野研究の最新情報の交換と,今後のコミュニティの発展についての議論を行いたいと考えています.

biiws2014posterSession

日程

2015年6月18日(木)〜19日(金) (2日間)

場所

九州大学病院キャンパス コラボ・ステーションI 視聴覚ホール

  • キャンパス内の地図はこちら.図中の36番の建物です.
  • 広域地図はこちら.(図中の「病院キャンパス」が開催地です.)
  • 病院キャンパスへのアクセスは,地下鉄「貝塚線」の「馬出九大病院前」が最も便利です.
  • 地下鉄を使えば,福岡空港からは20分程度,天神からは12分程度,JR博多駅からは15分程度で到着します.(いずれも「中洲川端」乗換.ただし天神方面からは乗り換えなしの貝塚線直通もあります.)

参加登録

本会へのご参加にあたり,事前登録をお願い致しております.
また,ご発表を希望される方は,登録フォームにて発表希望にチェックを入れた上で

  • 口頭発表 (20分,発表:18分,質疑応答:2分,を予定)
  • ポスター発表

の二つのうちからご希望をご選択ください.

参加登録フォーム(締め切りました [2015-06-01])

  • 演題登録期限:4/30 延長しました!(ポスターのみ.5/8 迄)
  • 参加申し込み期限:5/31(但し,定員に達し次第申し込みを打ち切りますので,お早目にどうぞ)
  • 申込み件数等により発表形式(口頭・ポスター)のご希望に沿えない場合もございますので,あらかじめご了承ください.
  • 口頭・ポスター発表の方は,要旨(500字~1000字程度で様式自由)もご登録ください.なお,ご発表を論文集として編纂する予定はございません.従いまして要旨以外の原稿等を別途ご準備いただく必要はございません.また,要旨集は参加者だけに電子的に配布され,公開されません.
  • 参加登録フォームでのご記入内容を「送信」しますと,登録者それぞれに専用URLが発行されますので,かならず控えておいてください (メールでの通知はいたしません).登録内容の修正の際は,ウェブブラウザで専用URLを指定して登録フォームを開き,内容を変更してください.

討論会の事前アンケートのお願い

本ワークショップでは,6/19に総合討論を行います.議題に関する事前アンケートを実施します(仔細は未定).

プログラム

口頭発表

ポスター

宿泊案内

  • ホテルの予約は各自でお願いいたします.
  • 地下鉄沿線の博多駅・天神・中洲地区が便利です.
  • 6月19-20日にやや大きめの学会が開催されるようですので,宿泊予約は少々早目が安心だと思います.

参加費

  • 当日現金にて,参加費( 500 円 )と懇親会費( 2,000 円,参加希望者のみ)をお支払い下さい.

過去のワークショップ

オーガナイザ

  • 石原 健(九州大学大学院理学研究院 生物科学部門)
  • 内田誠一(九州大学大学院システム情報科学研究院 情報知能工学部門)
  • 加藤 輝(自然科学研究機構・新分野創成センター・イメージングサイエンス研究分野
  • 斉藤典子(熊本大学 発生医学研究所)
  • 備瀬竜馬(大日本印刷株式会社 ABセンター開発本部開発第5部)

お問い合わせ

biiws2015@human.ait.kyushu-u.ac.jp (内田誠一)までお問い合わせください

主催・共催

主催:バイオイメージ・インフォマティクス ワークショップ2015組織委員会
共催:自然科学研究機構・新分野創成センター
協賛:九州大学システム情報科学研究院


Top